リフォームをして住宅の機能性を高める│段階的にリフォームする

トイレは正しく使う

水道

住宅のなかで最も頻繁に使用する場所が、台所やトイレ、浴室といった水回りです。そのため、トラブルが起こりやすい場所でもあります。特にトイレのつまりは頻繁にみられるトラブルで、原因の多くがトイレの誤った使い方をしてしまったことで起こります。トイレのつまりを未然に防ぐためにも、トイレは正しい知識を持って使用しましょう。トイレットペーパー以外の物を流してしまうと、つまりが起きる原因となります。多く見られるのが、トイレットペーパーを切らした代用品として使用したティッシュペーパーや介護用のオムツが挙げられます。商品によっては「トイレで流せる」と宣伝されている物がありますが、使用する際は適量を保たないと、つまりを起こす原因になります。
つまりが発生した際は、ホームセンターなどで売っているラバーカップを使用することで対処が可能です。しかし、あまりにつまりが頻発するようであれば、他の原因が考えられますので、最寄りの水道修理業者に点検を依頼しましょう。
その他のトラブルとして、台所の水漏れが挙げられます。水漏れの多くは、配管のジョイント部分から発生しているケースが多く、ジョイント部分を締め直すことで応急処置ができます。このように目に見える部分の水漏れであれば良いですが、床下の配管から水漏れが起きた場合は、被害が深刻化するケースも考えられます。そのため、水道修理業者に定期点検を依頼して、水回りのトラブルに強い住宅にしましょう。

Copyright © 2016 リフォームをして住宅の機能性を高める│段階的にリフォームする All Rights Reserved.